30後半からのサーフィンライフ!

30歳後半からサーフィンを始めました。 「サーフィンに年齢は関係ない!」をテーマにしています。 サーフィンの始め方やサーフィンの実体験などを紹介して行きます!

Category:サーフィン日記 > 基礎知識

にほんブログ村 マリンスポーツブログ 初心者サーファーへ


波編に続いて「コンディション編」をしていきたいと思います


個人的には、波編以上にニュアンス的な用語が多いんじゃないかと思っています。
サーフィンを始めたての時は、経験者の人と海に行ったときの波チェックでいろんな専門用語が飛び交っていて、どういう状態のことを言っているのか正直分かりませんでした

今日は、海のコンディションに関した専門用語をまとめていきたいと思います。


{波やウネリの状況を表す専門用語}

・オフショア
岸から海に向かって吹く風。
弱いオフショアは、波の面を綺麗に整えてくれる為、一般的にサーフィンに適してると言われます。
オフショアの中でも、波に対して正面から吹く風を「ストレート・オフショア」と言います。

オフショアの中でも、左右どちらかの斜めから吹く風のことを「サイド・オフショア」と言います。

・オンショア
海から岸に向かって来る風。
波の真後ろから吹く風を「ストレート・オンショア」と言います。

オンショアの中でも、左右どちらかの斜めから吹く風のことを「サイド・オンショア」と言います。

・まとまりのない状態
ウネリや波が不規則にあちこちで崩れる状態のことを言います。
オンショアの影響を受けている場合が多いです。

・ボヨつく
ウネリ自体が不規則か、もしくは「バックウォッシュ」などの異なる方向からの波が重なることが原因で、ウネリが不規則になっている状態。

・ヨレる
風や、異なる方向からの風が重なることが原因で、ウネリがよじれたようになること。

・タラタラ・ダラダラ
力が無くメリハリの無いような波の様子。

・マッシー
オンショアの影響などを受けたトロくて力のない波の状態。
「トロい波」と言われることの方が多い。

・フラット
海面が平らで、波が全く無い状況。
どんなに上級者でも、波が無ければ何もできません・・・

・クローズ・アウト(クローズ)
波がハード過ぎて、パドルアウトして沖に向かうことすら出来ない状態。
危険でサーフィン不可能な状態です。海に近づかないようにしましょう。

・風クローズ
風が強すぎてサーフィン不可能な状態。

・風をかわす
風が強いにもかかわらず、何らかの理由で風の影響が軽減されている状態。「風をかわしている」などの言われ方をする。
そのポイント周辺に、風をブロックしてくれる物(山、岬、堤防など)があったり、周辺のポイントと海岸の向きが異なっていて、そのポイントだけオフショアになっていたりする場合があります。


{波自体の様子を表した専門用語}

・面ツル
無風や弱いオフショアの時になりやすく、波のフェイスが非常に整っている状態。
「グラッシー」とも言われ、まるでガラスのようにツルツルという意味。
サーファーにとって最も好ましい状態の波です。

・ザワつく
風は弱いが、波の面が少し乱れている状態を言います。
サーフィンへの影響はそれほど無い状態です。

・チョッピー
風が強まることで、波の面がザワついて細かい風波による凹凸が出来てしまう状況。
「ザワつく」が強くなった表現で、ライディングに影響が出る状況です。

・バンピー
「チョッピー」がさらに悪化した状態で、波面が不規則に凸凹して、ライディングにも大きく影響してしまう状態。

・ジャンク
まともにライディング出来ないほど波がグチャグチャになってしまっている悪いコンディション。


このように、調べると思いのほか沢山ありますが、ニュアンスが似ている言葉などが多いので、「何となくこんな状態を言っているんだな」くらいに思っておけば大丈夫なんじゃないかと思います。

専門用語がスラスラ出てくるようになれば、サーフィンやってる感がさらに増してくるんじゃないかと思います
頑張って覚えてみましょう

国内最大級の釣り動画サービスはこちら



【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

にほんブログ村 マリンスポーツブログ 初心者サーファーへ


サーフィンを始めて気が付くことは、意外とサーフィンって専門用語が多いこと。

しかも、何となく曖昧で感覚的なニュアンスの用語が沢山あります。
せっかくですので、もう一度復習するのもいい機会だと思いました。

様々なサーフィン専門用語がありますが、今日は「波」に向けた専門用語を中心に調べたいと思います。
経験者の人とサーフィンに行くと波チェックの会話の中で良く出てくる用語だと思いますので、知ったかしないように気を付けたいものです


{波の専門用語}

・切れた波
ピークがはっきりしていて、ピークからショルダーへと順序良く割れていく波。
サーフィンに適している波と言えます。

・厚い波
斜度が緩やかな波のことを言います。
波の斜度が緩やかなため、波の上部から下部に向かって滑り出すことが難しいとされています。
波自体は穏やかな波質になっているため、浮力の高いボードやロングボードに向いている波と言えます。

・ホレた波
波の上部が岸側に向かって巻き込んでいるようになっていて、面(フェイス)の部分が掘れてしまっているような波のことを言います。
波の斜度が急になっているため、滑り出しやすい波となっています。
しかし、この斜度が急なために初心者の人はテイクオフの際に前のめりになってしまい、ボードが波に刺さりやすくなるので注意が必要です。
波自体に力があり、切り立ったような波なので、ボディーボードやショートボードに向いている波になります。

※ホレた波で風、地形、波質などが最高の条件で揃ったときに「チューブ」の波になることがあります。

・つながった波(早い波)
切れた波とは逆に、ひとつの波がブレイクする中で、岸に対して平行に複数のピークが同時に繋がっているかのような幅広く同時に崩れてしまう波。早い波とも言われる。

・ダンパー
「つながった波」の一種だが、その中でもホレた力のある波で厄介な波とされています。
サーフィンしにくい上級者向けの波になります。
※ダンパーとチューブの波は紙一重と言われています。

・トロい波
うねりに力が無くブレイクの速度もゆっくりとした感じの波。
似たような意味合いで「タルい波」とも言われる。

・セット
「セットが来る」や「セットが入ってきた」のような使われ方をしますが、セットとは、周期的に来るまとまった波のことを言います。
セットの波は、大きめの波が一気にまとまって入ってくるので、波に乗るチャンスと言えます。
セットであれば、一度波を逃してもすぐに良い波が来る可能性が高いです。ですが、周りのサーファーもこのセットを狙っているので、競争率は高くなります。
セットの中でも非常に大きな波が続けざまに入ってくる波を「おばけセット」と呼ばれ、通常のセットよりサイズが大きく初心者には危険ですので注意しましょう。

・三角波(Aフレーム)
ピークが三角形の頂点のようにはっきりしていて、左右のショルダーに向けて徐々に崩れていく波。
サーフィンに適した波です。

・ショアブレイク
沖ではなく、岸寄りや波打ち際で崩れる波のことを言います。
このような波に乗ることはとても危険です。
足が付くような浅い場所で波が崩れるため、ショアブレイクが起きる場所で初心者の人が練習していることが多いです。この波に巻かれてしまうと頭や体を地面に打ち付けてしまう可能性が非常に高く危険ですので、特に気を付けましょう。
さらに、波に巻かれたときにサーフボードが地面に刺さったりしてボードのノーズ(先端)折れになってしまう人がとても多いですので、こちらにも気を付けましょう。

※実は、私自身もこの「ノーズ折れ」の経験者です

・レギュラー波(ライトブレイク)
岸に向かって右に割れていく波のことを言います。ライトブレイクとも言います。
地形によって左右のどちらかに崩れていくかが変わります。

・グーフィー波(レフトブレイク)
レギュラー波とは逆に、岸に向かって左に崩れていく波のことを言います。レフトブレイクとも言います。

※堤防などがあるポイントでは、レギュラー波かグーフィー波のどちらかに偏った波しか発生しない場合もあります。どちらの波も満遍なくこなせるように練習すると良いと思います。

ちなみにですが、日本ではスタンスも、波の方向のことも「レギュラー」「グーフィー」と言うことが主流になっていますが、海外ではレギュラー、グーフィーはスタンスのことを言い、波の向きに関しては「ライト」「レフト」と言います。

プロや上級者の人達は、その日の波によってサーフボード使い分けたりもします。
自分がどういった波がサーフィンしやすいのかを理解できれば、ポイントを選ぶ際も決めやすくなってくるかもしれません



酒粕甘酒サプリメント「レジスタントプロテイン」


【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

にほんブログ村 マリンスポーツブログ 初心者サーファーへ


言うまでもありませんが、サーフィンとは波が無ければ成り立たないスポーツです。
ですが、ただ波があるというだけではなく、サーフィンに適した波を選ぶことが大切になってきます。

サーフィンを続けて行く中で、ふと気づくことがあると思います。それは、ポイントによって良い波が立ちやすいポイントがあるということです。

良いポイントとは、良い波がコンスタントに入ってくるポイントになるんですが、良い波になりやすいポイントとそうでないポイント、ある時期から良い波が入ってくるようになったポイントや、逆に最近、波が悪くなってしまった場所などを感じることがあると思います。

サーフィンに適した波というのは、風や潮回りはもちろんですが、海底の地形(ボトム)がとても影響してきます。


{波が立つ原理}

波はまず「うねり」として海岸の方へ近づいて来ます。この「うねり」は水深が浅くなるほど進むスピードが遅くなる性質があります。
ですので、岸に近づく程、水深は浅くなっていくのでスピードがどんどん落ちてきます。
そして、遅くなったうねりの後ろから次々とうねりが押し寄せてくることで、水の行き場所を失って高さが出るわけです。
ですので、沖の方では波が穏やかでも、岸に近い場所では波が高く立つことになります。


{砂浜での波}

海底が砂浜(サンド)のポイントでは、風や潮の流れなどの影響で海底の砂が流されることで、海底の地形が変化します。
そして、不規則な段差や砂の角のようなものを作りだします。
この段差などにうねりがぶつかることにより、波が出来上がります。

地形が砂浜のポイントの特徴としては、上記の理由で不規則な地形になりますので、波も地形に合わせて不規則になります。そして消波ブロック(テトラ)などが置かれていることも多い為、波が読みにくい特徴があります。
サーフィン中も常に地形の変化は起きるので、波のピークが移動したりします。

そして台風などで大きな潮の流れなどがあった場合、積もっていた海底の砂が流されたり、逆に砂が運ばれたりして、各ポイントの地形が一気に変わり、ポイントによっては波が良くなったり、悪くなったりと変化が起きやすくなります。

砂浜のポイントの良い点としては、ビーチに複数のピークが出来るので、サーファーが分散しやすくなり、人が少ないピークを選ぶことが出来ます。
そして、遠浅(沖の方から徐々に浅くなっている地形)のビーチはうねりの速度が遅く、高い波が来にくいため初心者が練習するのに向いていると思います。


{リーフでの波}

地形が岩やサンゴのような硬いもので作られていることを「リーフ」の地形と言います。
リーフの地形での波の特徴は、砂浜と違い地形が変化することが無いので、常に決まった場所で波が立ちます。
高く安定した質のいい波が立ちやすいのが特徴となりますが、急に深くなっているような事が多く潮の満ち加減が波に影響しやすくなります。

そして、安定して同じ場所で波が立ちやすいので、ひとつのピークにサーファーが密集してしまう傾向になります。

リーフの波は、サーフィンに適した波が立ちやすいと言えますが、波質としては高くて速い波になり、海底が硬く潮の満ち引きで沖に流される危険性も高いことを十分に理解する必要があります。

初心者は危険ですので、リーフでの練習はオススメ出来ません。


{その他の地形}

大きく分けて「サンド」と「リーフ」の地形になりますが、その他にもポイントの特徴として出やすいのが、河口付近のポイント(リバーマウス)です。
このようなポイントでは、ボトムに「玉石」や「玉砂利」で三角州が形成されており、うねりがぶつかると安定して良い波が出来やすい場所でもあります。
注意点としては、川上から流れてくる水が、沖に向かう早いカレント(潮流)を作り出すことがあります。
このようなポイントも上級者向きのポイントの為、初心者にはオススメ出来ません。


波の質に関しては、地形の影響がかなり大きくなります。風や潮回りはもちろんですが、地形も考えながらポイント選びをすることで、良い波を探しやすくなると思います。

忘れてはいけないなことですが、良いサーフィンをするためには良い波のポイントを見つけることは大事な要素になりますが、まずは自分のレベルに合った場所で練習するようにしましょう。



公式キャンペーン実施中!全ての端末代金0円!【ギガWi-Fi】


【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

にほんブログ村 マリンスポーツブログ 初心者サーファーへ


こんな時だからこそサーフボードのメンテナンスをしましょう


季節もどんどんハイシーズンに近づいて来ましたね

季節が変わればワックスの温度帯も変えていかないと行けません。
これからは、COOL(クール)→WARM(ウォーム)→TROPICAL(トロピカル)へと変えていくと思います。

ワックスに関しては、「そのまま塗り足していき剥がさない派」と「こまめに剥がして塗りなおす派」のタイプに分かれます。

ワックスのトップコートを変えるときに、ベースコートも一緒に塗り替えた方が、ワックスの性能をより発揮できます。
ワックスは使い込んでいくと、表面のツブツブがつぶれてしまったり、砂や埃などの付着でグリップが最大限に発揮できなくなってしまいます。
何より、使い込んで黒ずんだワックスよりも、真っ白で綺麗なワックスになるだけで気分も上がってくると思います。


・スタンダードな塗り替え方法
  1. ワックスコーム(スクレーパー)で古いワックスを剥がす。この時にボード表面にベースワックスを少し残した状態にしておくと、ワックスの節約になります
  2. ベースワックスを小さな円を描くように塗っていく。(塗る範囲に関しては、人それぞれですが、初心者のうちは広い範囲に塗っておくと良いと思います)
  3. 全体的にツブツブが出来れば完成となります。(平均的にショートボードで、新品ワックスの1/3~1/2くらいの使用量になるかと思います)
  4. あとは、現地にてトップコートを塗るだけです
IMG_2290


・長期保管やすべてのワックスを剥がす場合
  1. ワックスコーム(スクレーパー)で古いワックスを剥がす。(コームで出来るだけ丁寧にワックスを剥がすと次の作業が楽になります)
  2. ワックスリムーバーを使いボード表面のワックスを綺麗に拭き取る。(リムーバーをボード表面にたっぷり吹き付けて、30秒ほど経ったらペーパーや布などで拭き取ります)
  3. 綺麗に取れたら、水拭きするとより綺麗になります。
  4. レールやボードの裏面なども拭いてあげると、驚くほどボードが綺麗になるのでオススメです
IMG_2289

※リムーバーはサーフショップ等で数百円で購入できます。
※リムーバーは、石油系溶剤となっていますので、火気厳禁です。換気のいい場所で作業することや、タバコや火が近くにある状況での作業は絶対にやめましょう。


・シートWAXって?

最近は、今までのワックスの代わりとして、薄いシート状で、ボード表面に張るだけのタイプもあります。
シートWAXが開発される前は、「フロントデッキパッド」など、ウレタン製の物がありましたが、厚みがあることや、ウエットスーツへのダメージ、ボードのデザイン性を損なうなどありました。
その点、新しく開発された「シートワックス」は、薄くて軽く、ウエットや素肌に優しく、半透明でデザイン性も損なわなくなりました。
乾燥させるとサラサラになり、埃なども付着しにくく、濡れた状態だとグリップ力は半永久的と、とても優れたアイテムとなっています。

デメリットとしては、グリップ力では通常のワックスの方が優れていると言えますし、何よりも値段が高額であるということです。
通常のワックスだと、ベース込みでも500円くらいですが、シートワックスだと、同じ範囲に使うとすると数千円~1万円程度かかることもあります。そして、耐久力は弱くはありませんが、使い込んでいけば、交換も必要になってきます。(目安で2~3シーズン程)

ですが、月日とともに品質も良くなり、値段も下がってくれば、環境の面から見ても、シートタイプが主流になる日が来るのかもしれませんね


新しい季節は、綺麗なワックスで心機一転
気持ちよくサーフィンライフを過ごして行きましょう



【メディミール】購入はこちらから!



【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

にほんブログ村 マリンスポーツブログ 初心者サーファーへ


だいぶ気温も暖かくなって、そろそろセミドライからジャージフルに変えていこうと思う季節です。
セミドライからジャージフルに変わるだけで、とても体が軽くなった感じがします

そこで大事になってくるのが、今まで着ていたセミドライのお手入れと保管方法です!
セミドライに限ったことではなく、すべてのウエットスーツは、日々のお手入れはもちろんですが、保管方法でかなりウエットの寿命も変わってきます。

体を守ってくれているウエットスーツなだけに、愛着をもって大切に使って長持ちさせていきたいものです。


・お手入れの重要性

ウエットスーツの日々のお手入れについて、意外と気にしていないという方も居るのではないでしょうか?
冬場に使う「セミドライ」は、厚みもあり、素材もスキン(ラバー)で作られているものが多く、脱着のストレスも大きいです。
ですので、特に日々のお手入れを怠ることで、素材の劣化や硬化が進み、ストレスが大きくなるだけではなく、保温性の低下や破損にも繋がってしまいます。
特に高価で高品質なウエットスーツであれば、元々の保温性や柔軟性が高いですので、より一層ダメージや劣化を顕著に感じてしまいます。

劣化や硬化は少しづつ進んでいき、新品の状態をキープすることは不可能です。そして、劣化や硬化してしまったウエットスーツは、二度と新品の時のような状態に戻すことは出来ません。
ですので、劣化を最小限に抑えることで、少しでもいい状態を長く使えるように日々のお手入れをして行きましょう。

これからサーフィンを始める方はもちろんですが、新しくウエットを買う方などにも参考になればと思います。


・サーフィン後のお手入れ

「潮抜き」
サーフィン後は、出来るだけ早くウエットスーツを洗いましょう!
海水が付いた状態で放置していると、雑菌の繁殖や劣化の一番の原因になります。
ですので、ウエットスーツを脱いだ後は、出来るだけ早い段階で「真水」または「ぬるま湯」で優しくもみ洗いし「潮抜き」をしましょう。
この時に重要なのが、揉み洗いをすることです。表面だけを洗い流すだけではなく、ウエットスーツにしみ込んだ海水もしっかりと抜くように洗いましょう!

※バケツやバスタブに水を溜めて洗うと、より効果的です。


「ウエットスーツ専用のシャンプー、ソフナー(柔軟剤)で洗う」
潮抜き後は、ウエットスーツ専用のシャンプーやソフナーでさらにしっかり洗うことで、ワックス汚れを落とせたり、除菌、消臭、柔軟ができ、より一層の劣化、硬化の防止に効果がありますのでオススメです。

シャンプーやソフナーはメーカーなどで多少、使用方法が異なりますが、基本的には同じ流れで使います。
  1. バケツ等に溜めた水にシャンプーを適量入れ、優しく揉み洗いします。
  2. 水を入れ替え、真水で優しく揉み洗いしてシャンプーを洗い流します。
  3. 再び水を入れ替えてソフナーを適量入れ、ウエットスーツを漬け込みます。(漬け込み時間などは、使用するソフナーの容器に記載されています)
  4. 漬け込み後、そのまま(洗い流さずに)ハンガーにかけて干します。
※シャンプーとソフナーが一緒になっているオールインワンタイプもあります。

サーフィン後に現地でとりあえず潮抜きしておき、自宅に帰ったらしっかりとシャンプー等で洗うのが良いと思います。

※現地でのシャンプー等の使用は、環境問題の面からみても使用しないようにしましょう。

「肩部に負担のかからない厚めのハンガーで陰干しする」
干す際は、裏面が乾きにくいので、裏返した状態でハンガーに掛けて「陰干し」します。
直射日光は、ゴムの劣化や機能低下の原因になりますので陰干しをしましょう
水分を含んだウエットスーツは、かなり重量もあり、細いハンガーだと肩部に負担がかかってしまうので、出来るだけ厚めのハンガーを使うことで、型崩れや劣化の防止になります。

※ウエットスーツ用のハンガーも販売されているので、こちらを使用することをオススメします。


・保管方法
衣替えなどで、長期間使わない場合は必ずシャンプー、ソフナーでお手入れした後に保管しましょう。

しっかりと両面を乾かしましょう。ウエットスーツの表面は比較的に早く乾きますが、生地の中が乾いていない場合があります。半渇きの状態で収納すると臭いやカビの原因になりますので、しっかりと乾かしましょう

長期間の保管の場合も、ハンガー等に吊るした状態で保管するのが好ましいです。折りたたんでしまうと、シワや折り目などの癖が付いてしまい型崩れや劣化の原因になります。

より理想な形としては、吊るした状態でさらにカバーのようなものを掛けることで、埃や紫外線などからも守ることが出来ます。

・まとめ
ウエットスーツは、高価なものですが、意外と脆く細かいメンテナンスが必要です。
特に、冬に使うセミドライなどは、保温性にも関わってきますので、日々のメンテナンスをしっかりすることで、ウエットスーツの寿命はかなり変わってきます!

ですが、どんなに大切に使おうが消耗品であることには変わりはありません・・・

いつかは買い替えをしなければならない時は来てしまいますが、少しでも長く大切に使ってあげることで、道具も喜んでくれると思います



1食595円~ 管理栄養士&医療専門チーム監修の、カラダが喜ぶ健康宅食【メディミール】



■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■
                    ■お名前.com

↑このページのトップヘ