にほんブログ村 マリンスポーツブログ 初心者サーファーへ
にほんブログ村

車中泊ランキング


これからサーフィンを始めてみようと思っている方に分かっておいてほしい所として、サーフィンに掛かる費用などがあります。

サーフィンは道具さえ揃えてしまえば長く楽しめるスポーツになりますが、サーフィンを続けて行くのであれば、道具以外に掛かってくる費用もあることを理解しておく必要があります。

今回は、実際にサーフィンに掛かる費用と節約法を紹介したいと思います。


{道具以外に掛かる費用}

サーフィンは最初に道具を揃えるのに約10万~15万円ほどかかってくると思います。
サーフボード自体は丁寧に使えば約5年以上はもちますし、修理も数千円程度で済みます。
ウエットスーツは手入れや保管方法にもよりますが、3~5年程と言われていますので、基本的な道具自体は比較的お金の掛からないスポーツだと思います。

では、サーフィンにおいて費用が掛かるのはどこなのかと言うと「交通費」になります。
海に近い所に住んでいる場合はそうでもありませんが、ほとんどの人の場合は遠方から通うサーファーだと思います。ですので、ガソリン代や高速道路代がランニングコストの大半になってきます。
この交通費を節約することが最大の節約方法になってきます。

※サーフィンは交通費との闘いなのです

{サーファーの節約方法}

サーフィンは体力が必要なスポーツになりますので、移動で体力や気力を使い果たしてしまっては本末転倒になってしまします。

【頭数を増やす】
まず一番手っ取り早い節約方法は「頭数を増やすこと」です。
例えば、1人で行くと1回に5,000~10,000円程掛かる場合にここから節約した場合は、高速道路を使わない事や、食費を削る程度くらいしかないと思います。
ですが、体力面や長距離運転の危険性など考えるとなかなか厳しいと思います。

そんな時は、友達同士で一緒に行って割り勘にすることで一気に費用が半分以下になります。

【日帰りしない】
連休などで2日以上サーフィンをする時は「日帰り」をしないで「現地泊」などをすることで交通費を大幅に減らせると思います。
何よりも長時間運転を減らすことも出来ます。

また、「ETC割引」や前日の夜などから出発することで「深夜割引」を活用することも費用削減につながります。
サーファーは朝が早いので、「前乗り(前日入り)」している方は多いと思います。

※現地泊で「車中泊」をする時は、車を停める場所のルールを厳守し、迷惑にならないように注意しなければなりません。

サーフィン車中泊の体験談はコチラから!

【コストの安い車に変える】
すぐに買い換えるというのは難しいですが、次に乗る車を燃費の良い車にするのも長い目で見た時に費用削減になります。
最近はエコカーに買い替えるサーファーが増えてきました。燃費の悪い車をやめてコストが安いハイブリッドカーや軽自動車などでサーフィンを楽しんでいる方が多くいらっしゃいます。

特に軽自動車は高速道路料金代や税金なども安いのでランニングコストで考えれば最強クラスになります。
さらに、最近の軽自動車は車内が広く設計されていますので、「ファンボード」までなら車内に積むことが可能です。


{まとめ}

サーフィンにおいて一番かかる費用は交通費になります、いかに交通費を節約するかでサーフィンに掛かる費用は一気に下げることが可能になります。
サーフィン以外の生活面を考えると、コストを抑えることは重要です。

コストを下げることで新しいサーフボードが買えるかもしれません

そして、今後は「電気自動車」などが主流になってくる可能性が高いです。
その時はさらなる経費削減のチャンスにもなりますし、大きい車で電気自動車などが開発されれば現地泊をするにも騒音や電力などの面で、ガソリン車以上に快適に過ごすことが出来るようになると思います。
車中泊の多いサーファーは今後の車開発に期待したいものです

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。



GoProを格安レンタル Tavishot【タビショット】