いよいよ人生初のサーフボード購入へ向けて動いて行きましょう。

最初のサーフボードを決めるにあったて大事なのは、自分が目指すサーフィンのスタイルを決めること!
正直、これさえ決まってしまえば最初のサーフボードは意外とすんなり決まってきます。
楽にゆったり波に乗って楽しむのか、激しくアクティブに技みたいなのをバシバシ決めたいのかなど。


まずはサーフボードの種類を調査します。

サーフボードは大きく分けて3種類あります。

①ロングボード
②ショートボード
③ファンボード

大雑把に言っちゃうとサーフボードの種類は長さで分かれている感じです。
基本的に現在のサーフボードは”メートル”、”センチ”ではなく”フィート”、”インチ”表記になってることがほとんどのようです。


・ロングボード
 9フィート(約274センチ)以上の長さのサーフボード。
 先端が丸くなってるもの。
 
・ショートボード
 6.3フィート(約192センチ)以下の長さのサーフボード。
 先端が尖ってるものが多い。

・ファンボード
 ロングとショートの間の長さのサーフボード。
 先端が丸くなってるもの。

ざっくり言うとこんな感じです。ちなみに、1フィート:30.48㎝(=12インチ)、1インチ:2.54㎝で計算します。


{基本的な性能の考え方}

長くて幅が広くて厚みのあるサーフボードは安定感があり、逆に短くて幅が狭くて薄いサーフボードは動かしやすく、機動性があります。


・ロングボード
ゆったり波に乗って楽しんだり、体力に自信がなかったりする場合はロングボードのようなボード自体にボリュームがあるサーフボードが良いと思います。
ロングボードは、サーフボードの中でも一番安定感があり、板の上に立つのも比較的簡単に出来ると思います。
ただ、ボードが長く重量も重いので、ボードをアクティブに動かしたり、細かい動きは苦手になります。
そして、車での移動や積み下ろし、ビーチなどでの持ち運び、普段の家での保管が結構大変かもしれません。一般的なマンションなどのエレベーターにはまず入らないと思います。
ですので、保管スペースを考えたり、車のキャリアなどが必要になってきます。
場合によっては、サーフショップなどで預かってもらえることも出来るようですので、事前に調べておくと良いと思います。


・ショートボード
ロングボードとは逆に、バシバシ技を決めたりアクティブに楽しみたい場合はショートボードをオススメします。
ただ、大人になってからショートボードから始める場合は、ある程度の覚悟をもって始める必要があります。
それは、板の上に立つまでがとにかく難しいということです。体力もそれなりに必要になります。

実際にショートボードに立てるようになるまで、普通に1年以上かかります。
ショートボードで始めて、立てるようになる前に挫折してサーフィンを辞めてしまう人も多いです・・・これは現実です。
ショートボードで始める際は、当分は立てないものと思って始めてください、ですが練習すれば必ず立てるようになりますので大丈夫です。
今、ショートボードに乗っている人たちは諦めなかった人たちと言えます。

ショートボードの利点は保管、移動などはとても扱いやすくなります。ボードが短いのでエレベーターにも入りますし、軽自動車の車内にも乗せれるくらいです。


・ファンボード
ファンボードは、ロングとショートの両方の性能の間なイメージです。

ショートボードより安定性があり、ロングより機動性があるサーフボードです。
初心者サーファーは、このファンボードをオススメされることが多いと思いますし、実際にファンボードからスタートしたサーファーも多いと思います。

自分としては、ファンボードに関しては、いずれはショートに転向したいと思っている人にオススメするサーフボードだと思います。
ロングボードを目指いている場合は、ファンボードの利点はほとんど無くなってしますので、最初からロングボードでスタートした方が良いと思います。


※ちなみに自分は、ショートボードを目指しているので、ファンボードの初心者セットをネットで購入しました!
理由としては、とにかく安くて、必要なものが全て整っていたので決めました!
練習用にはいいかと思います。


まずは、自分の目指すスタイルを決めることが大切です!
そこから、あなたのサーフィンライフがスタートします。