30後半からのサーフィンライフ!

30歳後半からサーフィンを始めました。 「サーフィンに年齢は関係ない!」をテーマにしています。 サーフィンの始め方やサーフィンの実体験などを紹介して行きます!

2020年12月

ブログランキング・にほんブログ村へ

これからサーフィンを始めようと思っている方が知っておく必要がある「サーファーが怖いもの」、「注意するもの」を紹介したいと思います。

サーフィンは海で行うスポーツですので、当然ですが自然を相手にしていることを忘れてはいけません。
人間は自然に比べれば非常に無力なものなんです。ですので、危険が近くにあった場合はおとなしく撤収することが何より大事になってきます。

以前、「サーフィンでの事故やケガ」を紹介しましたが、今回は「自然に対して注意するもの」を紹介したいと思います。

※「サーフィンでの事故やケガ」はコチラ!


{サーファーが怖いもの}

サーフィン未経験者や始めたばかりの方は、良くも悪くも「怖いもの知らず」です。
ただ、自然を相手にしている以上は最低限の正しい知識を知っておかなければ、大きな事故やケガに繋がってしまいます。
サーフィンをするときに危険なものは、周囲のサーファーや波だけではないのです。

【浅いリーフ】
浅いリーフ(サンゴ礁)はサーファーにとって怖いものです。
初心者のうちはリーフポイントは行かないと思いますが、今のうちに危険性を知っておきましょう。
水深があって深い場合は比較的に大丈夫ですが、浅い場合は波に飲まれた時にリーフに叩きつけられてしまいます。
浅いサンド(砂)でも叩きつけられてしまいますが、リーフの場合は更に「体中が傷だらけ」になる可能性が高いです。傷がひどい場合は何十針も縫わなければならない場合もあります。

ケガ以外には、リーフにサーフボードやリーシュコードが挟まったり、絡まったりして水面に浮上できなくなる危険性があります。
この場合は、リーシュコードを切ったり外したりして浮上しますが、経験が浅いサーファーではパニックを起こしてしまい溺れてしまう危険性があります。

【雷】
サーフィン未経験の人は意外と知らないと思いますが、「雷」はサーファーにとって非常に危険な存在です。
目視で雷が見えなかったとしても、雷鳴(音)が聞こえたら直ちに海から上がってください。
そして、周りのサーファーにも海から上がるように促してください。

理由は簡単です。「感電」して気絶してしまう可能性があるからです。
実は雷はけっこう海に落ちているのです。当然ながら電気は水に伝わりますので、その水に触れていれば感電してしまいます。
海で感電して気絶してしまうとどうなってしまうのか?

当然ながら溺れてしまいます・・・最悪の場合は死亡事故につながってしまう可能性があるのです。
※落雷地点から周囲20~30メートルくらいは影響があると言われています。

【海の生き物】
海の生き物にも注意が必要です。
初心者の皆さんは、最初に何を思い浮かべましたか?

きっと多くの人は「サメ」を思い浮かべるかもしれません。
ニュースや報道などで取り上げられたりと「サメ」の事故のインパクトは強いですが、実際にサメによる被害は想像以上に少ないのです。
※サメへの注意も当然必要です!

では、サメ以外にどのような生き物への注意が必要なのか?
それは、「カツオノエボシ」や「エイ」です。

理由としては、実際に遭遇する可能性がある危険な生き物だからです。
「カツオノエボシ」は海水浴シーズンになればよくニュース等で聞くようになりましたが、「クラゲ」の仲間です。
エボシ

「鮮やかな青紫色」で一見綺麗な色をしていますが、毒性が強く刺されると痺れるような激痛に襲われます。別名「電気クラゲ」などとも呼ばれています。
特に注意しなければいけないのは、浜辺に打ち上げられて死んでいたとしても絶対に触ってはいけません、死んでいても毒性は強く刺されてしまうのです。

「エイ」も同じく毒性が強い生き物です。
images

コチラはビーチの浅瀬などに多く生息していて、尻尾の部分に毒針を持っています。
人が踏んでしまったりすることで毒針が刺さってしまう危険があるので注意が必要です。
浅瀬でも極力パドリングで進んだり、歩く時は「すり足」を意識することで逃げて行きます。


{まとめ}
このように海には危険が多くありますが、しっかり理解しておくことで対処も出来ます。
「サメ」や「クラゲ」対策のグッズなども多く販売されるようになってきていますので、活用しつつ安全にサーフィンが出来るようにして行きましょう。
確かに怖いかもしれませんが、それ以上に海は楽しく素晴らしい場所です!

海と共存することがサーフィンの一番の醍醐味と言えるのではないでしょうか?


今日も最後まで読んで頂きまして有難うございます。


世界NO1サーフブランドBILLABONG公式ストア
BILLABONG ONLINE STORE




GoProを格安レンタル Tavishot【タビショット】

ブログランキング・にほんブログ村へ


サーフィンと言えば、ほとんどの人が車での移動をしていると思います。
サーフィンは意外と荷物が多かったり、移動距離が長かったりと車へのこだわりを持っているサーファーも多いです

これからサーフィンを始めようと思ってる人、サーフィンを始めて車を買い替えようと思ってる人、そんな人たちへサーフィンやサーファーに適した車や人気の車を紹介します。



{サーファーにオススメ人気車種}

・ハイエース(トヨタ)
サーファーには不動の人気ナンバーワン車種です!
サーファーでなくても、業者の人や送迎などでも沢山使われている車で、とにかく車内が広く作られています。
ロングボードでも余裕で積み込めるほどの広さがあり、サーフィンだけではなく車内を改造してベッドの設置なども出来たりするので「車中泊」としての利用にも適した車です。
人気の裏返しなのか、盗難被害も一番多い車種なので、セキュリティー強化は必須です。

ランドクルーザー(トヨタ)
発売当初からサーファーには人気の車です。
車内も広く、荷物も沢山積み込めます。
そしてSUVならではのパワーと走行性能を兼ね備えています。路面の悪い道も安心して走行できます。
ただ、車体価格が高いことと燃費が悪いというところがあります。

・ヴォクシー・ノア(トヨタ)
サーファーに限らず、ミニバンのナンバーワン人気車種です。
車体も大き過ぎず荷物も沢山積めて、燃費と走行性能も非常にバランスが取れている車種です。
サーフィンに限らず、アウトドア全般にオススメの車種となっています。
車中泊にもオススメ車種です。

・エクストレイル(日産)
アウトドア用に作られた車と言ってもいいような車です。
走行性能も高く悪い路面も問題なく走れ、車内も防水シートなどが搭載されていたりとアウトドアをするにはとても優れています。
燃費もSUVの中でも申し分ない燃費となっています。

・プリウス(トヨタ)
意外と思う人も多いかもしれませんが、プリウスも人気なんです。
一番の理由は、圧倒的な燃費性能だと思います。
サーファーはとにかく車での移動距離がハンパなく多いです。ガソリン代はサーファーにとって抑えたい経費です。
そして、プリウスの車内はかなり広く設計されていて荷物もかなり積み込むことが出来ます。

・フォレスター(スバル)
スバルの大人気SUVになります。
「アイサイト」を搭載しており、安全性が高く燃費も良いので長距離ドライブするサーファーの方にはかなりオススメです。
スタイリッシュなデザイン性と車内の広さを併せ持つ人気車種です。


今回は、ほんの一部の紹介になってしましましたが、サーフィン以外の街乗りやお出かけなどにも適したバランス型の紹介でした
やはりサーファーの人たちは走行距離が多いので、特に燃費重視の車やハイブリッド車種を乗っている方が多い傾向になります。

そして、遠方のサーファーの方々は前日に出発してポイントの近くで「車中泊」をしているサーファーも多いので、車内の広さなども重要な要素になっていると思います。

※サーフィン車中泊の体験談はコチラ!

サーフィンをするのに車は必要最低限の道具になるかと思います。
大きくて運転しやすくても燃費が悪ければサーフィンをする負担も大きくなります。家族がいらっしゃる方ならサーフィン以外の使い道も考えながらのチョイスになるはずです。

今後、車の買い替えなどを考えている方の参考に少しでもなれば幸いです。

自分の生活に合わせた車選びでもっと快適なサーフィンライフを送って行きましょう


ウイルス対策ドットコム



WordPress専用クラウド型レンタルサーバー『wpX Speed』

にほんブログ村 マリンスポーツブログ 初心者サーファーへ
にほんブログ村

車中泊ランキング


これからサーフィンを始めてみようと思っている方に分かっておいてほしい所として、サーフィンに掛かる費用などがあります。

サーフィンは道具さえ揃えてしまえば長く楽しめるスポーツになりますが、サーフィンを続けて行くのであれば、道具以外に掛かってくる費用もあることを理解しておく必要があります。

今回は、実際にサーフィンに掛かる費用と節約法を紹介したいと思います。


{道具以外に掛かる費用}

サーフィンは最初に道具を揃えるのに約10万~15万円ほどかかってくると思います。
サーフボード自体は丁寧に使えば約5年以上はもちますし、修理も数千円程度で済みます。
ウエットスーツは手入れや保管方法にもよりますが、3~5年程と言われていますので、基本的な道具自体は比較的お金の掛からないスポーツだと思います。

では、サーフィンにおいて費用が掛かるのはどこなのかと言うと「交通費」になります。
海に近い所に住んでいる場合はそうでもありませんが、ほとんどの人の場合は遠方から通うサーファーだと思います。ですので、ガソリン代や高速道路代がランニングコストの大半になってきます。
この交通費を節約することが最大の節約方法になってきます。

※サーフィンは交通費との闘いなのです

{サーファーの節約方法}

サーフィンは体力が必要なスポーツになりますので、移動で体力や気力を使い果たしてしまっては本末転倒になってしまします。

【頭数を増やす】
まず一番手っ取り早い節約方法は「頭数を増やすこと」です。
例えば、1人で行くと1回に5,000~10,000円程掛かる場合にここから節約した場合は、高速道路を使わない事や、食費を削る程度くらいしかないと思います。
ですが、体力面や長距離運転の危険性など考えるとなかなか厳しいと思います。

そんな時は、友達同士で一緒に行って割り勘にすることで一気に費用が半分以下になります。

【日帰りしない】
連休などで2日以上サーフィンをする時は「日帰り」をしないで「現地泊」などをすることで交通費を大幅に減らせると思います。
何よりも長時間運転を減らすことも出来ます。

また、「ETC割引」や前日の夜などから出発することで「深夜割引」を活用することも費用削減につながります。
サーファーは朝が早いので、「前乗り(前日入り)」している方は多いと思います。

※現地泊で「車中泊」をする時は、車を停める場所のルールを厳守し、迷惑にならないように注意しなければなりません。

サーフィン車中泊の体験談はコチラから!

【コストの安い車に変える】
すぐに買い換えるというのは難しいですが、次に乗る車を燃費の良い車にするのも長い目で見た時に費用削減になります。
最近はエコカーに買い替えるサーファーが増えてきました。燃費の悪い車をやめてコストが安いハイブリッドカーや軽自動車などでサーフィンを楽しんでいる方が多くいらっしゃいます。

特に軽自動車は高速道路料金代や税金なども安いのでランニングコストで考えれば最強クラスになります。
さらに、最近の軽自動車は車内が広く設計されていますので、「ファンボード」までなら車内に積むことが可能です。


{まとめ}

サーフィンにおいて一番かかる費用は交通費になります、いかに交通費を節約するかでサーフィンに掛かる費用は一気に下げることが可能になります。
サーフィン以外の生活面を考えると、コストを抑えることは重要です。

コストを下げることで新しいサーフボードが買えるかもしれません

そして、今後は「電気自動車」などが主流になってくる可能性が高いです。
その時はさらなる経費削減のチャンスにもなりますし、大きい車で電気自動車などが開発されれば現地泊をするにも騒音や電力などの面で、ガソリン車以上に快適に過ごすことが出来るようになると思います。
車中泊の多いサーファーは今後の車開発に期待したいものです

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。



GoProを格安レンタル Tavishot【タビショット】


にほんブログ村 マリンスポーツブログ 初心者サーファーへ


サーフィンに限らず、すべてのスポーツに事故やケガはつきものです。
サーフィンに関しても初心者に限らず事故やケガにあってしまうことは多いです。

自分が事故・ケガにあってしまうことも十分にあり得ることなので、どういったときに事故・ケガが発生しやすいのかを理解することで予防につながっていくと思います。

※この文章を読んだ人によっては、恐怖を感じる人もいるかもしれません、サーフィンを始めるのをためらったり辞めてしまう可能性もあるかもしれません。ですが、事故やケガの可能性を理解してない状態でサーフィンすることが一番危険と考え、紹介しようと考えました。


{サーフィンで起こる事故・ケガ}

まず最初に言いたいことは、サーフィンに怪我は付きものです。
まだサーフィン経験がない人でも、海水浴などで海の波や潮の流れに触れたことのある人は多いと思います。
思い出してほしいことは、ヒザや腰くらいの波でも波を正面から受け止めると波の力で吹き飛ばされたりしませんか?
どんなに小さい波でも、人間の力と比べれば自然の力は強大なのです。まずはその事実を理解しましょう。
大袈裟に聞こえるかもしれませんが、サーフィンは大きな事故・ケガと隣り合わせなのです。

【脳震とう、打撲、捻挫】
サーフボードは大きく硬いものです。そのサーフボードが波の力で流されあり、弾かれたりして人間の頭部に直撃した時にはとてつもない衝撃が伝わることでしょう。
ただの打撲程度で済めば運がいいですが、脳震とうを起こし意識を失うこともあります。
surfer-1655941_640[1] (2)

そして、硬いものはサーフボードや岩だけではありません。
「地面じゃなくて水だから転んでも痛くない」と思っている人はいませんか?
水は非常に硬いものと理解しておいた方がいいです。ゆっくりと勢いがない状態で水に触れれば柔らかいですが、早く勢いの付いた状態で当たると非常に硬い物へと変化します。

波に打ち付けられたり、転んだ勢いで水面に打ち付けられた衝撃でケガや脳震とうを起こしてしまうことはサーフィンではよくあることです。

※お風呂などに入った時に手で思い切り水を叩いてみてください。手が痛いほどに衝撃が伝わってくるはずです。

対処法としては、転んでしまった時や波に巻かれた時には、体を丸めるようにしたり、頭部を常に手や腕で抱え込むように守るクセを付けましょう。

むやみにサーフボードを放り投げないようにしましょう。手から離す前に必ず周りに人が居ないか確認しなければなりません。

そして、もしもの時を考えて「誰もいない海で1人でサーフィンをしない」ことを自分のルールとして決めるようにしましょう。

【切り傷】
サーフボードについている「フィン」は海では「ナイフ」となります。簡単に体に傷をつける凶器だと思いましょう。
water-3193728_640[1]

陸上などで普通にフィンにただ触っただけでは切れたりすることはありません。ですが、サーフィンのライディング時やボードが波に流されている時などは、もの凄いスピードで動いています。その状態でフィンが体に触れた時は、刃物で切ったような傷になります。

全身が水中にある時は、水面に出るまでは必ず手や腕で頭部を抱え込むように守りましょう。
手や腕なら切り傷程度で済むかもしれません、ウエットスーツを着ていればウエットが切れる程度で済む可能性が高いですが、それが顔や頭だったら大怪我になります。

【溺れる】
人が溺れてしまう一番の原因は何だと思いますか?



それは「パニック」を起こしてしまうことです。
泳ぎが得意ではない人が急に水中に放り込まれたら、簡単にパニックを起こし溺れてしまうことでしょう。

もしサーフィン中に「リーシュコード」が切れてボードが流されてしまったとき、あなたは沖から岸までサーフボード無しで泳いでたどり着けますか?

サーフボードを泳いで取りに行けますか?
「全く泳げない」という人はサーフィンをする以前に水泳を習い、最低限の泳力を身に付けましょう。

※リーシュコードが切れることは良くあることだと思っておきましょう。ですのでサーフィン前には必ずリーシュコードの傷みをチェックすることを忘れないようにしましょう。
リーシュコードの交換目安は1年程と言われています。


{まとめ}
サーフィンはライフワークにもなり得るとても楽しいスポーツです。ですが危険も伴っていることを理解しなければなりません。
「自分は大丈夫」などと思わないでください。
どんなスポーツやアクティビティにも言えますが、絶対に安全なものは存在しないのです。
必ず事故・ケガと隣り合わせになっています。ですが意識して減らすことは可能です。

事故やケガでせっかくの楽しみを台無しにしないように、自分を守り周りを守ることをしっかりと理解して楽しいサーフィンライフを送って行きましょう



カリフォルニア・ロサンゼルスの大人気サングラスショップ!


SNS映えのするBBQ料理を作るならWeber

↑このページのトップヘ