30後半からのサーフィンライフ!

30歳後半からサーフィンを始めました。 「サーフィンに年齢は関係ない!」をテーマにしています。 サーフィンの始め方やサーフィンの実体験などを紹介して行きます!

2020年04月

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ


分かっているようで意外と知らない「潮」について調べてみようと思います。

サーファーたちの会話の中でよく出てくる言葉で「上げ」「下げ」という言葉があります。
この言葉は潮の状態を言っており、「タイド」や「潮汐(ちょうせき)」とも言います。


{潮の仕組み}

潮とは、海や湖などで定期的に上下する水位のことです。この水位の上下は、月と太陽の引力によって発生しており、毎日上がったり下がったりを曲線のように繰り返しています。

月や太陽の引力が海水を引っ張ったり緩めたりしているので、月と太陽そして地球の位置が関係しています。よって位置関係が変わることによって潮の大きさも変化するのです。

その大きさを「大潮」「中潮」「小潮」「長潮」「若潮」に分けられます。カレンダーなどにも記入されているものもあったりします。
つまり、月を見るだけで、だいたいの潮汐が予測できるのです。
満月を見たら潮が大きく動くころで、半月なら小さく動くころと考えてほぼ間違えないです。


{波が良くなる潮は?}

これはポイント選びに対して非常に大事なことですが、波は地形によって状態が変わってきますので、それぞれのポイントによって地形に合わせたベストな潮位(潮の高さ)があることを知っておきましょう
波が良くなる潮位はサーフポイントによって違うのです。
ですので、自分が良く入っているお気に入りのポイントの「ベストタイド」を把握しておくことが重要になってきます。


{上げ、下げの意味は?}

よくサーファーが口にする「上げ」や「下げ」という言葉の意味を簡単に説明します。

・上げ
ロータイド(干潮)からハイタイド(満潮)に向けて潮位が上がる時間帯という意味。

・下げ
ハイタイドからロータイドに向けて潮位が下がる時間帯という意味。

・潮止まり
ロータイドやハイタイドがピークの時間帯で、潮が動かなくなること。
この「潮止まり」の時間帯は、波のブレイクが止まることが多いです。


{まとめ}

このように、タイド(潮汐)も波のコンディションに大きく関わっていることになりますが、はっきりしていることは、風や天候はある程度予測は出来ますが、非常に変化しやすく予測も難しいですが、タイドに関しては、月や太陽の位置関係から表されるので急に変化することが無く、予測することが簡単です。どんなに天候が変化しようがタイドチャートからタイドの正確な予測を立てることが出来るのです。
波を予測する時は、天候や風はもちろんですが、タイドもチェックして波の変化をイメージすることも大事な要素となります。

タイドチャートは波情報アプリや、サーフィン用の腕時計などで見ることが出来ますので活用して行きましょう



気にせず食べてダイエット



【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

にほんブログ村 マリンスポーツブログへ

少しづつ夏のハイシーズンに近づいてきています。

今回は、サーファーがやっている日焼け対策の一部を紹介したいと思います。

これからサーフィンを始めようと考えている方にお伝えしたいのは、サーフィンは異常なほど日焼けしてしまうということ。
夏以外の季節や曇っている日でも、日焼け対策をしていないと日焼けしてしまいます。

正直なところ、どんなに日焼け対策をしていても、日焼けをしてしまうのは覚悟した方が良いと思います。
日焼けだけならまだいいですが、強い日差しに長時間さらされてしまうことで、肌や唇がボロボロになってしまって痛みが出てしまうことも多いですので、しっかり日焼け対策をしていきましょう。


{日焼け対策グッズ}

・日焼け止め
まずは何よりも「日焼け止め」を肌に直接塗って肌を守ることが重要です。
普段使いのものとは違って、サーフィン用の日焼け止めを使うことをオススメします
サーフィン用の日焼け止めは、防水性の高いウォータープルーフタイプが豊富にあります。また、スティックタイプのものなどもあり、サーフィン前に手が汚れずサッと塗れたりします。

VERTRA バートラ フェイススティック 日焼け止め 日焼け対策 UVカット ウォータープルーフ FaceStick 顔用 サーフィン Translucent Kona Gold Cooly Beige Ehukai Beige clear SPF 基本送料無料

価格:3,300円
(2020/5/9 10:45時点)
感想(0件)



ボディー用と顔用で使い分けると良いと思います。
ボディー用は薬局などで購入できる普段使っているような日焼け止めを使用して、顔に使う日焼け止めはサーフィン用を使うことを特にオススメします。
サーフィン用の日焼け止めは、目にしみないように配慮して作られているものが多く目の周りなどにもしっかり塗ることが出来ます。

・ラッシュガード・レギンス
サーフィン以外でも使っている人は多いと思いますが、夏場はラッシュガードを水着の上に着れば大丈夫ですとにかく直射日光に肌をさらさないことが重要です。
下には、レギンスやサーフパンツを合わせるのがオススメです。
カラーや柄が沢山あるので、オシャレを楽しみながら日焼け対策が出来ます

・サーフハット
最近多くなってきているのが、「サーフハット」です。
UVカットの他にも、防水機能やメッシュ加工されているものなど様々な種類があります。
普段使いや、アウトドア全般の夏のファッションアイテムとしても人気が出ています。
ハット型以外で、キャップ型や首の後ろまでカバーしてくれるタイプも発売されています。
風や波で飛ばされないように、あご紐やベルト付きのものを選びましょう。

TAVARUA タバルア メンズ TM1006 スタンダードサンシェードサーフハット 日よけつき UVケア 男性用 日焼け防止 日焼け対策 日焼け止め 【あす楽対応】【ゆうパケット対応】

価格:4,312円
(2020/5/9 10:40時点)
感想(6件)



・UVグローブ・ソックス
忘れてしまいがちですが、「手の甲」や「足の甲」もしっかりと日焼け対策をしましょう。
特に手の甲の日焼けは日常生活でかなり目立ってしまいます
冬の防寒用ではなく、夏用の薄手のものが販売されています。

・ポンチョ
着替えの時に重宝されるアイテムですが、日焼け対策としても使えるアイテムです。
夏のサーフィンは、一度海から上がって休憩を取ったりとラウンド数が増えたり、海の滞在時間が増えます。
この休憩中にポンチョを羽織っておけば日焼け対策にもなります。

全品10%OFF券配布中 サーフポンチョ 全7色 お着替えポンチョ ビーチタオル 巻きタオル タオルポンチョ サーフィン 着替え ポンチョ タオル 吸水抜群 マイクロファイバー ポンチョ マリンスポーツ メンズ レディース 吸水速乾生地 お着替えタオル プール 海水浴 PPON-510

価格:2,500円
(2020/5/9 10:42時点)
感想(34件)




{この夏注目の海対策}

・飲む日焼け止め
日焼けによるシミの原因となるメラニンの活性化を体内から抑えるなど、内側から日焼け対策をしてくれるという画期的な商品があります。
最近は、美容雑誌などにも取り上げられて注目されています
こちらは健康食品という扱いになり、肌がデリケートな人にも使いやすく紫外線を浴びた後でも効果が期待できると言われています。

サンホワイト サプリメント日差し ビタミンC 美容 スキンケア サプリ 飲む日焼け止め

価格:2,138円
(2020/5/9 10:47時点)
感想(171件)



・クラゲ対策にもなる日焼け止め
「SAFE SEA(セーフシー)シリーズ」という商品があります
こちらは、サーファーの天敵である「クラゲ」の対策に特化した日焼け止めです。
大人はもちろん子供の海水浴にもオススメです。

特殊な成分を配合した日焼け止めになっていて、クラゲを寄せ付けないというよりは、クラゲに仲間だと思わせることでクラゲに刺されないようになるいうメカニズムになっているそうです。
大人用と子供用が販売されています。

お買得!!限定で半額!!SAFE SEA セイフシー(アドバンス EU レギュレーション 50)(ウォータープルーフ&サンプロテクトローション) 即納商品 正規品 SURFING サーフィン 日焼け止め クラゲよけ ウォータープルーフ

価格:1,150円
(2020/5/9 10:43時点)
感想(0件)




夏の天敵である日焼けですが、しっかりと対策して最高のシーズンを送れるようにしていきましょう




糖質やカロリーが気になる方へ【健康ふすまパン】



【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

ブログランキング・にほんブログ村へ


サーフィンと言えば、ほとんどの人が車での移動をしていると思います。
サーフィンは意外と荷物が多かったり、移動距離が長かったりと車へのこだわりを持っているサーファーも多いです

これからサーフィンを始めようと思ってる人、サーフィンを始めて車を買い替えようと思ってる人、そんな人たちへサーフィンやサーファーに適した車や人気の車を紹介します。



{サーファーにオススメ人気車種}

・ハイエース(トヨタ)
サーファーには不動の人気ナンバーワン車種です!
サーファーでなくても、業者の人や送迎などでも沢山使われている車で、とにかく車内が広く作られています。
ロングボードでも余裕で積み込めるほどの広さがあり、サーフィンだけではなく車内を改造してベッドの設置なども出来たりするので「車中泊」としての利用にも適した車です。
人気の裏返しなのか、盗難被害も一番多い車種なので、セキュリティー強化は必須です。

ランドクルーザー(トヨタ)
発売当初からサーファーには人気の車です。
車内も広く、荷物も沢山積み込めます。
そしてSUVならではのパワーと走行性能を兼ね備えています。路面の悪い道も安心して走行できます。
ただ、車体価格が高いことと燃費が悪いというところがあります。

・ヴォクシー・ノア(トヨタ)
サーファーに限らず、ミニバンのナンバーワン人気車種です。
車体も大き過ぎず荷物も沢山積めて、燃費と走行性能も非常にバランスが取れている車種です。
サーフィンに限らず、アウトドア全般にオススメの車種となっています。
車中泊にもオススメ車種です。

・エクストレイル(日産)
アウトドア用に作られた車と言ってもいいような車です。
走行性能も高く悪い路面も問題なく走れ、車内も防水シートなどが搭載されていたりとアウトドアをするにはとても優れています。
燃費もSUVの中でも申し分ない燃費となっています。

・プリウス(トヨタ)
意外と思う人も多いかもしれませんが、プリウスも人気なんです。
一番の理由は、圧倒的な燃費性能だと思います。
サーファーはとにかく車での移動距離がハンパなく多いです。ガソリン代はサーファーにとって抑えたい経費です。
そして、プリウスの車内はかなり広く設計されていて荷物もかなり積み込むことが出来ます。

・フォレスター(スバル)
スバルの大人気SUVになります。
「アイサイト」を搭載しており、安全性が高く燃費も良いので長距離ドライブするサーファーの方にはかなりオススメです。
スタイリッシュなデザイン性と車内の広さを併せ持つ人気車種です。


今回は、ほんの一部の紹介になってしましましたが、サーフィン以外の街乗りやお出かけなどにも適したバランス型の紹介でした
やはりサーファーの人たちは走行距離が多いので、特に燃費重視の車やハイブリッド車種を乗っている方が多い傾向になります。

そして、遠方のサーファーの方々は前日に出発してポイントの近くで「車中泊」をしているサーファーも多いので、車内の広さなども重要な要素になっていると思います。

サーフィンをするのに車は必要最低限の道具になるかと思います。
大きくて運転しやすくても燃費が悪ければサーフィンをする負担も大きくなります。家族がいらっしゃる方ならサーフィン以外の使い道も考えながらのチョイスになるはずです。

今後、車の買い替えなどを考えている方の参考に少しでもなれば幸いです。

自分の生活に合わせた車選びでもっと快適なサーフィンライフを送って行きましょう



酒粕甘酒サプリ「レジスタントプロテイン」



【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

にほんブログ村 マリンスポーツブログ 初心者サーファーへ


今回は、サーフィンで使う道具の用語を紹介したいと思います。

他のスポーツでも同じ名前で使われていることが多いですが、サーフィン独特の使い道があったり、同じ言葉でも違う意味を持つ場合があります。


{サーフボードの部位}

・デッキ
サーフボードの上面(表面)。
サーフィン時にこのデッキ部分に乗ります。

・ボトム
サーフボードの下面(裏面)。
海面に接する側になります。

・ノーズ
サーフボードの先端。
ボードのデザインによって尖っていたり、丸くなっている物があります。

・レール
サーフボードの両サイドの横橋。
スノーボードなどでエッジと言われる部分。

・テール
サーフボードの後端。
サーフボードのデザインによって様々な形があります。

・ストリンガー
サーフボードの強度を増すために埋め込まれた芯材。
サーフボードの中心部分に1本入っていることが多い。

・フィン
サーフボードのテール部分のボトムに付けられた安定板。
※ボディーボードで使用される足ヒレのことも「フィン」と呼びます。

・ロッカー
テールからノーズにかけてデッキ側に付けられている反りのこと。


{ウエットスーツの種類}

・フルスーツ
長袖・長ズボンのタイプのウエットスーツの総称。
素材や厚みによって真冬用の「セミドライ」や春秋で使える「ジャージフル」などがある。

・シーガル
半袖・長ズボンのタイプ。
気温は暖かくても、まだ水温は低い時に向いている。

・ロングスリーブ・スプリング
長袖・半ズボンのタイプ。
水温が暖かくても、気温が涼しい時などに向いている。

・ロングジョン
袖なし・長ズボンのタイプ。

・スプリング
半袖・半ズボンのタイプ。

・ショートジョン
袖なし・半ズボンのタイプ。

・タッパー
上半身だけのウエットになります。
長袖タイプと半袖タイプがあります。


{サーフィンで使用する道具の名称}

・リーシュコード
サーフボードと体をつなぐ紐。
ショートボードでは一般的に「足首」に巻くタイプを使用します。
足首以外に、ロングボーダーに適している「膝下用」やボディーボード向けの「腕用」や「手首用」などがあります。

・グローブ
冬場の防寒用で使用するものがほとんど。
厚みや、指がまとまったミトンタイプなど様々なバリエーションがあります。
最近は、女性向けに「日焼け止め用」のグローブも発売されています。

・ブーツ

冬場の防寒用としてのほか、リーフポイントのサーフィン用に保護用のブーツもあります。
厚みや素材などで様々なバリエーションがあります。

ヘッドキャップ
ウエット素材でできた防寒用のフード型キャップ。
頭部の防寒や、サーファーズイヤーの予防の効果もあります。

・ワックス(サーフワックス)
サーフボードのデッキ部分に塗って、滑り止めとして使用します。
水温や気温に合わせた硬さの違うワックスがあります。

・デッキパット
主にショートボードやロングボードの後ろ脚を乗せる部分に張り付けて使用する滑り止め。
ワックスよりもグリップ力に優れ、立ち上がった時の足の位置のガイドとしても役立つ。
前足の部分に張り付ける「フロント用デッキパット」もあります。


このように様々な名称があります。
小物に関しても、上記で紹介したものはほんの一部になります。
サーフグッズは年々進化していて、保温性の向上や日焼け対策用のアイテムなど沢山の便利なものがあります。
自分に合ったものをチョイスして快適にサーフィンライフと送って行きましょう




当サイトからソフトバンク光に新規お申込みで最大75,000円キャッシュバック!
【ソフトバンク光】




【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com

にほんブログ村 マリンスポーツブログ 初心者サーファーへ


波編に続いて「コンディション編」をしていきたいと思います


個人的には、波編以上にニュアンス的な用語が多いんじゃないかと思っています。
サーフィンを始めたての時は、経験者の人と海に行ったときの波チェックでいろんな専門用語が飛び交っていて、どういう状態のことを言っているのか正直分かりませんでした

今日は、海のコンディションに関した専門用語をまとめていきたいと思います。


{波やウネリの状況を表す専門用語}

・オフショア
岸から海に向かって吹く風。
弱いオフショアは、波の面を綺麗に整えてくれる為、一般的にサーフィンに適してると言われます。
オフショアの中でも、波に対して正面から吹く風を「ストレート・オフショア」と言います。

オフショアの中でも、左右どちらかの斜めから吹く風のことを「サイド・オフショア」と言います。

・オンショア
海から岸に向かって来る風。
波の真後ろから吹く風を「ストレート・オンショア」と言います。

オンショアの中でも、左右どちらかの斜めから吹く風のことを「サイド・オンショア」と言います。

・まとまりのない状態
ウネリや波が不規則にあちこちで崩れる状態のことを言います。
オンショアの影響を受けている場合が多いです。

・ボヨつく
ウネリ自体が不規則か、もしくは「バックウォッシュ」などの異なる方向からの波が重なることが原因で、ウネリが不規則になっている状態。

・ヨレる
風や、異なる方向からの風が重なることが原因で、ウネリがよじれたようになること。

・タラタラ・ダラダラ
力が無くメリハリの無いような波の様子。

・マッシー
オンショアの影響などを受けたトロくて力のない波の状態。
「トロい波」と言われることの方が多い。

・フラット
海面が平らで、波が全く無い状況。
どんなに上級者でも、波が無ければ何もできません・・・

・クローズ・アウト(クローズ)
波がハード過ぎて、パドルアウトして沖に向かうことすら出来ない状態。
危険でサーフィン不可能な状態です。海に近づかないようにしましょう。

・風クローズ
風が強すぎてサーフィン不可能な状態。

・風をかわす
風が強いにもかかわらず、何らかの理由で風の影響が軽減されている状態。「風をかわしている」などの言われ方をする。
そのポイント周辺に、風をブロックしてくれる物(山、岬、堤防など)があったり、周辺のポイントと海岸の向きが異なっていて、そのポイントだけオフショアになっていたりする場合があります。


{波自体の様子を表した専門用語}

・面ツル
無風や弱いオフショアの時になりやすく、波のフェイスが非常に整っている状態。
「グラッシー」とも言われ、まるでガラスのようにツルツルという意味。
サーファーにとって最も好ましい状態の波です。

・ザワつく
風は弱いが、波の面が少し乱れている状態を言います。
サーフィンへの影響はそれほど無い状態です。

・チョッピー
風が強まることで、波の面がザワついて細かい風波による凹凸が出来てしまう状況。
「ザワつく」が強くなった表現で、ライディングに影響が出る状況です。

・バンピー
「チョッピー」がさらに悪化した状態で、波面が不規則に凸凹して、ライディングにも大きく影響してしまう状態。

・ジャンク
まともにライディング出来ないほど波がグチャグチャになってしまっている悪いコンディション。


このように、調べると思いのほか沢山ありますが、ニュアンスが似ている言葉などが多いので、「何となくこんな状態を言っているんだな」くらいに思っておけば大丈夫なんじゃないかと思います。

専門用語がスラスラ出てくるようになれば、サーフィンやってる感がさらに増してくるんじゃないかと思います
頑張って覚えてみましょう

国内最大級の釣り動画サービスはこちら



【意外と知らないIT用語】ドメインって何? お名前.com

↑このページのトップヘ