サーフィン移住生活blog

37歳でサーフィンの為に移住を決断しました。 「サーフィンを通じてのライフスタイル」の紹介や移住生活の実態などを紹介しています。 サーフィン初心者の方に向けてのサーフィンの始め方やサーフィンの実体験なども紹介して行きます!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ 初心者サーファーへ


サーフィンと言えば夏のスポーツをいうイメージを持っている人がほとんどだと思います。

「夏になったらサーフィンやってみよう」と考えている方もいらっしゃると思います!
6~8月の時期にサーフィンを始めるのは本当にベストなタイミングだと思います。

今回は夏にサーフィンを始めるメリットと注意点を紹介しようと思います。
AZN1QXU0U1[1]


{夏サーフィンの良い所}

まずは夏サーフィンの良い所を紹介して行きたいと思います。

【6月が狙い目】
サーフィンを始めるにあたって意外だと思うかもしれませんが、6月あたりの「初夏」に始めるのが狙い目なんです。
夏の前には梅雨に入り天気が悪い日が多くなってきます。
「雨=サーフィンは出来ない」と思っている人も多いのではないでしょうか?
実は雨の日こそ初心者に向いています!
一番の理由としては、夏のハイシーズンだったとしても、雨の日の海は比較的に海が空いていることが多いのです。真夏の海水浴客は雨が降ればほとんど居なくなります。

当然ながら雨だからといって海に入れないなどはありません、もちろんサーフィン出来ます。
海水温も意外と暖かいんです。
そして、雨の日や梅雨時期は波もそんなに大きくならないのが特徴で、上級者には物足りない波ですが、初心者には良いコンディションと言えます。
初心者が練習するにはとても良い時期だと思います。

【8月はウエット不要】
やはりサーフィンと言えば真夏の8月ですよね!
何よりも海水温が暖かいので、水着+ラッシュガードだけでサーフィンを楽しむことが出来ます。
日本ではホントに短い間のトップシーズンになります。
気温は非常に高いですが、海上がりは体もちょうど良く冷えていて気持ちいいくらいです。
気分も最高潮になると思います。真夏のサーフィンを体感した人はきっと抜け出せなくなる可能性が高いです

【サーフィン出来る時間が長い】
夏に近づく程、日照時間が長くなります。もちろん海に入れる時間帯も長くなってきます。
早朝4時くらいの薄暗い時間から準備して、明るくなり始めから海に入っているサーファーも多いです。
そして、昼は休憩して夕方に薄暗くなるまでサーフィンするといったように圧倒的にサーフィンする時間が長い季節です!真夏であれば19時くらいまでサーフィン出来たりもします。



{夏サーフィンの注意点}
夏サーフィンは最高ですが、注意点もしっかり把握しておきましょう。

【海水浴シーズン】
夏は海水浴シーズンになります。
サーフィン以外にも海水浴で海に来ている人も多いですので、1年で一番、海に人が多い季節になります。
そして、ビーチなどでは、海水浴シーズンは海水浴規制がありサーフィンと海水浴をする場所が分けられます。
ですので、ポイントに入る際に時間帯や場所などを必ず確認しましょう。

【ウエットスーツの準備はしておく】
夏は気温や水温も高くウエットスーツは不要と思うかもしれませんが、早朝や夕方、天気などで気温や水温に影響が出ることがあります。
夏でも薄着で無理をしてしまうと体調を崩したり、最悪の場合は低体温症の可能性も無いとは言えないので、早朝や夕方にサーフィンするのであれば、念のためにウエットスーツの準備はしておきましょう。寒いと思ったらウエットに着替えてから気持ちよく楽しみましょう。
我慢は禁物です!

【日焼け対策はしっかりと】
サーフィンの先輩たちは「日焼けの怖さ」を知っています。
日焼けで真っ黒なサーファーでも、日焼け止めを念入りに塗ったり、ラッシュガードやウエットスーツを着たりして日焼け対策をしています。
ですが、サーフィン初心者や未経験者ほど日焼け対策をせずに、むしろ「サーフィンついでに日焼けしよう」と考えている方も居ると思いますが、非常に危険です。
日焼けのし過ぎで「軽度のヤケド」を負っていたり、症状が酷い場合は「ケロイド状態」になり、肌が元の状態に治らなくなってしまうこともあるのです。

サーフィンはついつい時間が経つのを忘れてしまいます。1ラウンドで1~2時間は平気で海の中に居ることでしょう。
真夏の日差しの強さであれば、日焼けなら20分程度で十分日焼けします。それ以上は肌へのダメージになります。
しっかりと日焼け対策をしましょう。

※サーファーの日焼け対策はコチラ!

【台風の前後は海に行かない】
日本の夏と言えば「台風」になりますが、「上級者」サーファーは台風によって出来る「デカ波」を狙っていることもありますが、初心者は絶対に海に近づいてはいけません。

実際に毎年サーフィン中の事故で何名か命を落としているのが現状です。

そして、台風が直撃している時はもちろんですが、台風が来る前と通過したあとも波が大きいので、海が落ち着くまでサーフィンを我慢しましょう。

※自然の力に対して人間の力はとても非力です。絶対に無理をしてはいけません。


{まとめ}

夏はサーフィンをするのは最高の季節です。
気温も海水温も暖かく、薄着でサーフィンできる季節になります。
今から少しずつ準備していけば、夏前にしっかり準備が整うと思いますよ!

夏のサーフィンは最高ですが、その中でも注意しなければならない事や、夏独自のルールなどもあるので、しっかり理解して最高のサーフィンのシーズンを楽しみましょう



保冷能力は一般的な樹脂製クーラーボックスの”42倍”KRクールBOX

にほんブログ村 マリンスポーツブログ 初心者サーファーへ


気温もどんどん上がって、そろそろセミドライからジャージフルに衣替えを考えている人も多いと思います。

そんな衣替えの時こそ、ウエットスーツをリペアする絶好のチャンスです。
1シーズン使ったウエットスーツは、思いのほか劣化が進んでいたり、損傷したりしています。
ただ洗っただけで片付けてしまう前にしっかりと状態をチェックして、次に使うシーズンまでに損傷個所を直してから片付けるようにしましょう。

この時に、劣化に状態が酷いようなら買い替えの検討も必要になってくると思います。


{ウエットスーツの状態を確認する}

ウエットスーツを使っていて「以前に比べるとウエットスーツの中に水が入り込むようになった」などの症状を感じた場合、ウエットスーツのどこかにほつれや、素材の劣化、接着部分の損傷などが起きている可能性が高いです。

※体形が著しく変わった場合は、サイズが合わなくなっている可能性もありますが・・・

使い始めて年数が経っているウエットスーツであれば、ラバー(スキン)の劣化や接着面の劣化により剥離している可能性が考えられます。
このような状態であれば、買い替えの時期が近くなっている状態にあります。
ですが、ウエットスーツは決して安くはありません。セミドライであればなおさらです。
「買い換えたいけど今すぐには厳しい」という人も多々いると思います。
そんな時は、こまめなリペアをすることで、もう少し長持ちさせることが出来るかもしれません!

まずは、浸水などの原因を探してみましょう。
購入してから年数がそれほど経っていない場合でも、接着面などが開いてしまう場合があるので新しいウエットスーツだったとしてもチェックはした方が良いと思います。


{破損しやすい場所}

ウエットスーツに関して破損しやすい場所は特に入念にチェックしておきましょう。
  • 首元
  • 袖や裾(手首、足首)
  • ファスナー部分
  • 生地のつなぎ目
  • ラバー(スキン)の生地
  • ヒザ、股、脇などの部分
このような場所が破損しやすい箇所になっています。
一番破損しやすい所は、脱着時に大きく開閉する首元や手首、足首の部分になります。
脱着時に爪が引っ掛かり切れてしまうこともあります。生地の劣化が進んでいる場合は、引っ張っただけで裂けてしまうこともあります。
その他には、生地同士のつなぎ目や、ヒザ、脇、股などに力が集中しやすい所や、擦れが多い箇所は傷みが早いので、入念にチェックしておくべき箇所になります。


{ウエットボンドを使用したリペア}
IMG_2307 (2)

ウエットスーツのリペアには市販されている「ウエットボンド」を使用するのがオススメです。
生地のつなぎ目や、小さな傷であればウエットボンドで修理が可能です!

用意するもの
・ウエットボンド
・つまようじ

個人的に「つまようじ」を使うのをオススメします。

まずウエットスーツの傷口を開き、指などでウエットボンドを塗りこみます。傷口の奥の方や接着面の全体に塗り込むようにしましょう。
この時に、小さい傷や奥に塗りにくい場合は、つまようじを使って塗るとやりやすいと思います。

※注意点としては、ウエットボンドを分厚く塗ったからと言って接着力が上がることはありません。重要なのは傷口全体に塗ることです。

塗り終わったら、乾くまで待ちましょう!
乾いていない状態では接着力はありませんので、焦らず待ちましょう。

表面が乾いたら接着面を指などで「つまむ」ようにして、「圧着」していきます。
この時に、少し強めに押さえるようにしましょう。
指を離し、接着できているのが確認出来たら、生地の上から押さえ込むようにもう一度力を加えて圧着します。

ウェットスーツ用接着剤 ナショナルボンド ウェットボンド ウエットボンド ウェット補修/ウエット修理/ボンド単品

価格:447円
(2020/5/9 10:08時点)
感想(6件)




ちなみにですが、冬アイテムの「グローブ」や「ブーツ」も同じような手順でリペアすることが可能ですので、ウエットスーツ同様に状態をチェックして、リペアできるものは直して使って行きましょう!

生地のつなぎ目や剥がれなどは、このような感じでリペアすることが可能ですが、大きく裂けてしまっている状態や、大きな穴が開いてしまった場合はプロにお願いするか、状態によっては新しいウエットスーツへの買い替えも検討する必要があります。


自分でメンテナンスしてみるのも結構楽しいですし、自分で直すことでより道具への愛着もわいてきます
少しでも道具を長持ちさせるように、メンテナンスをしっかりやって行きましょう!



欲しいと思ったらすぐ買える!楽天市場は24時間営業中

にほんブログ村 マリンスポーツブログ 初心者サーファーへ
にほんブログ村

サーフィンランキング


「今年こそはボードの上に立てるようになりたい」
サーフィンを始めたての人はみんな思っていることです。

今回は、テイクオフの練習のポイントを紹介します。

実際に今年や去年からサーフィンを始めて、まだテイクオフ(ボードの上に立ち上がること)に成功したことが無い人も多いはずです。
何度か言っていることなんですが、サーフィンは立つまでがとても時間が掛かります。
ですが、決して諦めたり、焦ったりしないでください!みんなそうなんです

{海でのテイクオフ練習のポイント}

「立ち上がる」という意識をいったん忘れて、以下のポイントをひとつずつ確認してみてください。

①パドルは全力で漕がない
始めのうちは、「うねり」が来たらガムシャラに一生懸命にパドルしてしまいがちですが、上手な人を見ると意外と全力パドルしている人は少ないのです。
実際に海に行ったときに周りにいる上級者サーファーの人を見てみてください。上手なサーファーは波に合わせて2~3回くらいパドルして簡単そうに波に乗っているのが確認できると思います。
テイクオフ時のパドリングは、波のピークに合わせる為のもので加速する為ではないのです。
波に対してのポジションやスピードを合わせてしまえば、必要以上にパドリングの必要はありません。
勝手に波が押してくれます。
無心でパドルせずに、リラックスした状態でパドルしましょう。
一生懸命にパドルして波に乗る必要はありません、波に置いて行かれても気にする必要もないのです。
どのポジションで波にトライしたら楽なのかを考えながらトライしてみましょう

②波に押されたら進行方向を見るクセを付ける。
波に押された直後というのは、波の傾斜に合わせて前傾姿勢になっています。このままの状態でいると、波の傾斜がどんどんキツクなってくるので、波にボードが刺さり「パーリング」してしまいます。
よく腕立ての時は「上(前)を見て」や「足を広げないで」と言われるのは、この前傾姿勢からボードを平行にするために下半身の方(テール側)へ重心を移すためです。

③波に持ち上げられる感覚を感じる。
ここまで来ても、まだ立ち上がってはいけません
②でしっかりボードが平行に出来ていれば、波の下(ボトム)から上(ピーク)の方へ持ち上げられている感覚を感じれると思います。
前傾のままだと「滑り降りてしまう」感じになってしまいますが、平行に出来ていると「波と一緒に進んでいる」感じに変わります。
この状態ができると波の力をボードのボトム面でしっかり受け止めていて、一番ボードが安定している状態になります。
この安定した状態の腕立て姿勢で何度か波に押されてみましょう。いつもの滑り降りてしまっていた時よりも視線が高く、ゆったりした感じで進んでいるはずです。
このとき、波に置いて行かれそうになったらテール方向に重心が行き過ぎですので、腕でボードを押し込んでみましょう。
逆に滑り降りてしまいそうになったら、背中を反ったりして、よりテール側に重心を持って行きましょう。
何度か押される中で、わざと重心を前後に動かし遊んでみると面白いですよ

この状態が作れれば後はリラックスして立ち上がるだけです。


{陸でのテイクオフの練習}

陸での練習は、寝そべった状態からスムーズに立ち上がるところを集中して練習しましょう。

①床に寝そべってテイクオフ時の「腕立て」の状態を作ります。
海での練習と同様に、目線は常に進行方向を意識したままで腕立てを練習しましょう。

②足をスタンスポジションに持ってくる。
①の状態から足をスタンスのポジションに持ってくる動作をゆっくりと繰り返します。
イメージとしては、先に後ろ脚を着き、次に前足の膝を抱え込むように前に持ってきて前足を着くような感じで練習すると良いと思います。
両足を一気に持ってくるのは、かなりの筋力と練習が必要になってくるので、始めのうちは一つ一つの動作をゆっくり確認しながらやって行く方が身に付くはずです。

※もし前足の引き付けがしにくい(前足の膝が入りにくい)場合は、手を置く位置を左右でずらしたりしてみましょう。必ず左右平行に手を着く必要はありません。やりやすい位置を探してみましょう!

③足を置いたら手を離す。
スタンスが決まったら、手をボードから離します。
この時に「棒立ち」にならずに、常に低い姿勢を意識します。ライディング姿勢と目線を常にイメージしましょう。

※サーフィン練習に適した場所選びはコチラ!

{まとめ}
サーフィンは波の力を利用して行うものなので、しっかりと波の力を感じることが何よりも大切なことになります。
筋力アップもとても大事なことですが、まずは立てない理由を確認してみて、一つ一つの動作を確認することも非常に重要な練習方法になると思います。

焦って立ち上がるのではなく、波の力を利用することを意識することで今までとかなり違った感覚を感じられるはずですので、ぜひ練習してみてください



理想のカラダの実現、パームスなら2ヶ月29,800円~で叶えます!

↑このページのトップヘ