30後半からのサーフィンライフ!

30歳後半からサーフィンを始めました。 「サーフィンに年齢は関係ない!」をテーマにしています。 サーフィンの始め方やサーフィンの実体験などを紹介して行きます!

にほんブログ村 マリンスポーツブログ 初心者サーファーへ

季節もドンドン夏のハイシーズンに近づいて来ていますね
今年の夏からサーフィンのスタートを考えている方も多いのではないでしょうか?
photo-1528150230181-99bbf7b22162[1]

サーフィン自体もラウンド数が増えたり、長時間の滞在になってきたりしていると思います。
泊りでのサーフィンを考えている方などは、夕方ラウンドなども可能になってきました。

今回は夏のサーフィンの個人的な1日の過ごし方や重要アイテムを紹介したいと思います。


{個人的な夏サーフィンの1日}

6:00頃~早朝1ラウンド(2時間程)

休憩

2ラウンド目(2時間程)

休憩(昼ごはん、買い物、昼寝など)

3ラウンド目(2時間ほど)

まったりタイム(夕方まで)

車中泊に向かう(途中に買い物など)

車中泊タイム
car_travel_syachuhaku[1]

こんな感じで過ごしています
気が向いたときは、3ラウンド目の後に休憩をしてから、夕方1ラウンドすることもあります。

改めて見直すと「サーフィン・食事・睡眠」しかしてないですね
贅沢な1日の使い方です

自分としては昼の休憩や夕方の「まったりタイム」が非常にリラックス出来てとても好きな時間です


{夏サーフィンの重要アイテム}
今回は上記の「まったりタイム」を過ごすためのアイテムを紹介します

個人的にはせっかくの海なので、休憩中も海風や太陽を出来るだけ感じたいので車の外で過ごしています。(※昼寝の時は車内で過ごしています)
サーフィン後は意外と体も冷えているので、日光を浴びて体温を上げることも重要だと思います。

自分は椅子に座ってボーっと過ごす時間がとても好きなので、サーフィン後はウエットなどを干しつつ椅子に座ってまったりしています。

※ウエット干しに便利なハンガーレールの設置はコチラです!

{まとめ}

サーフィンは非常に運動量の多いスポーツですし、水の中に長時間居ることで夏だとしても知らない間に体温が奪われたりしますので、こまめに休憩をとることを心掛けましょう。

そして自分としては、せっかく海に来たからには、「非日常」を贅沢に過ごしていきたいと思っています。
椅子に座ってボーっとしながら、波の音や日光を浴びている時間や夕方にかけてゆっくりと薄暗くなっていく雰囲気などを感じることで日ごろのストレスなど忘れてしまします。

まだ経験のない方や日々ストレスを感じてしまっている方などは是非経験してみてほしいと思っています


夏冬スポーツ用品そろえるならVictoria



ウイルス対策ドットコム

にほんブログ村 マリンスポーツブログ 初心者サーファーへ

季節は完全に梅雨になってしましました・・・

個人的にサーフィン自体は雨が降っていても「どぉせ濡れるんだし」と思っているので特に支障はないです

しかし、ウエットスーツには大問題になってきます
天気が悪い日はとにかくウエットスーツが乾きません
完全に乾くまで数日掛かってしまうし、翌日に使う場合だとビチャビチャなレベルで濡れています。

塗れたウエットスーツを着るのはあまり気分が良いものではなく、着替えるのも非常に大変です。


{濡れたウエットスーツの着替えの大変さ}

サーフィン初心者の方や未経験の方のために説明します。

濡れたウエットスーツを着るのはとにかく大変なんです。
この時期はまだ「フルスーツ」を着る機会が多いと思いますが、ウエットスーツが濡れていると腕や足がとにかくウエットスーツに引っ掛かり入りません。

半袖や半ズボンのタイプでしたら比較的スムーズに着れますが、長袖、長ズボンのフルスーツの先端に行けば行くほど引っ掛かります
無理に引っ張ってしまうとウエットスーツが破れてしまう可能性があるので気を付けましょう

伝統的な着方としては腕や足を通すときに手先や足先にビニール袋をはめて着る方法があります。
スルッと着れるので非常にオススメですので、濡れた状態で着る場合はこの方法で着ることをオススメします。


{オススメなウエットスーツ乾燥方法}

最近見つけたアイテムでウエットスーツを乾かすのにオススメなものを紹介したいと思います。

自分が最近見つけたのが「ハンガー型ドライヤー」というものです。

衣類乾燥機 1台2役 速乾 靴乾燥機 くつ乾燥機 シューズドライヤー マルチドライヤーハンガー ハンガードライヤー ハンガー乾燥機 取り外し可能 ジャンパー スーツ 乾燥物干しハンガー シューズドライヤー兼用 ハンガー型乾燥機 改良版

価格:6,400円
(2020/6/25 15:32時点)



本来の使い方としてはスーツのジャケットなどをハンガーに掛けながら乾かす商品になります。
自分が見つけたものは、アタッチメントを変えることで靴の乾燥も出来るタイプになります。
IMG_2350IMG_2349

<自分的な使い方>

①通常通りにハンガーに掛けた状態で乾かす。
スプリングやロングスプリングなど全体の長さが短いウエットスーツに有効
IMG_2351

②シューズ乾燥機のアタッチメントで下の方から乾かす。
下から風を送れるので、フルスーツやシーガルなど全体の長さがあるウエットスーツに有効
IMG_2352
※足の方から差し込み洗濯ばさみで固定しています

③シューズ乾燥機のアタッチメントでブーツ、グローブを乾かす。
今の時期は使わないとは思いますが、ブーツやグローブも指先や足先までしっかり乾かすことが出来ます。


{まとめ}

梅雨時期はとにかくウエットスーツの乾燥が出来ずに困ってしまいます。
濡れたウエットスーツの着替えはとても大変でストレスにもなりますし、肌寒い日に濡れたウエットを着るのはかなり冷たく感じてしまいます。
力任せに引っ張ったりすると破れたり、ウエットスーツを痛めたりする可能性もありますので、出来ることならしっかりと乾いた状態で着替えたいものです。

そして濡れた状態が長いと菌の繁殖にもつながり、嫌な臭いが出てきてしまい不快な思いもしてしまいますので、出来るだけしっかり乾かしたいと思っています。

今回は梅雨の対策ですが、冬のウエットスーツや乾きにくいブーツやグローブの乾燥にも使えましたので非常にオススメです!


にほんブログ村 マリンスポーツブログ 初心者サーファーへ

以前にバスタオルを使った目隠し方法を紹介しましたが、今回は最近やっている「風通しメインの目隠し方法」を紹介したいと思います。
※バスタオルを使用した目隠し方法はコチラ!

今回は以前に設置したハンガーレールを使用したやり方でやってみました。

この方法は、サーフィンのラウンド間の休憩や車中泊の時にリアゲート全開に抵抗がある場合に簡単に出来る目隠し方法になります。

簡単に説明するとリアゲートを半開きの状態で固定してちょっとした目隠しにするやり方になります。
IMG_2341


{リアゲート半開き固定方法}

<用意するもの>
  • 使わなくなったリーシュコード
  • D型カラビナ金具(100円ショップのものでOK)
IMG_2344

<設置方法>
  1. リーシュコードのサーフボードに繋ぐ側にD型カラビナを付ける
  2. リーシュコードの足に繋ぐ側のコード部分にD型カラビナを付ける
  3. 車体側のドアロック金具に①を繋ぐ
  4. リーシュコードをリアゲートハンガーレールに通してから②を③の金具部分に繋ぐ
IMG_2345IMG_2342


作業はこれだけで終わりです。
リーシュコードの長さを調整することでドアの開閉の角度を調整することが出来ます

今回は以前に取り付けた「リアゲートハンガーレール」に通して使いましたが、小さいサイズのカラビナ金具と長さを調整したリーシュコードを使用すれば、ドア側のドアロック金具にカラビナをはめ込むことも可能ですので、ハンガーレールが無い場合はコチラのやり方でも使用できます。
IMG_2347


{まとめ}

今回はリアゲートを使った簡単に出来る目隠しを紹介しました。
窓に目隠しをするとどうしてもドアを締め切らないといけないので、風通しが悪くなるのがネックでしたが、この方法だと多少の目隠しになりますし、風通しも問題ないと思います。

何よりもサーフィンしていてリーシュコードを新しくすると前に使っていたリーシュコードの出番が無くなると思います。
自分も古いリーシュコードが何本か放置されていたので何かに使えないかと思いこんな使い方をしてみました。
サーフィンの安全面を考えて定期的に交換してはいますが、リーシュコード自体は丈夫でマジックテープも付いているので巻きつけたり固定したりするのに使えると思います。
今後も他に使えることがあれば使用して行きたいと思っています。

↑このページのトップヘ